介護施設のための高齢者レクポータルサイト

デイサービスレクリエーションnavi

デイサービス

機能訓練指導員の志望動機例文と就職するための面接対策とは【デイサービスで働こう!】

更新日:

デイサービスで勤務するスタッフの中には、「機能訓練指導員」と言われる人もいます。

機能訓練指導員とは、身体に障害を持つ利用者さんが自立できるように、リハビリを行うスタッフのことを言います。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・看護師・准看護師のいずれかの資格を持っていれば、機能訓練指導員として勤務することができます。

機能訓練指導員の良いところは、自分の専門分野を活かして、利用者さんの自立をサポートできることです。

では、こんな機能訓練指導員になるためには、面接でどんなふうに志望動機を伝えたら良いのでしょうか。

 

機能訓練指導員として働きたい理由は?


面接でもっともポイントとなるのが志望動機ですが、志望動機は何となく気持ちを話して面接官に伝わるものではありません。

熱意として面接官に伝えるためには、まず「機能訓練指導員として働きたい理由」が大事です。

デイサービスには通常の介護スタッフの他に、生活相談員や看護師なども勤務していますよね。

面接官としては、「色々な役割の人がいる中で、なぜ機能訓練指導員なの?」と言う疑問があるでしょう。

自分が「なぜ機能訓練指導員と言う仕事に興味を持ったのか?」を考えてみてください。

何らかの経験を通して機能訓練指導員に興味を持った方もいるでしょうし、機能訓練指導員に他の職業にない何らかの魅力を感じている方もいるでしょう。

このようなことに加えて、機能訓練指導員として自分がしたいこともきちんと伝えると、だいぶ熱意を感じられる志望動機になるはずです。

機能訓練指導員になるための就活対策!!

機能訓練指導員の資格要件を確認する

志望動機(どうしてその仕事をしたいかを考える)

求人情報をチェックする!

 

なぜその施設の機能訓練指導員になりたいのか?

機能訓練指導員を募集しているのは、きっとこれから面接を受ける施設だけではないはず。

「他にも色々な施設で募集しているだろうに、なぜうちに応募してくれたのだろう?」面接官としては、このような疑問も持っているでしょうね。

皆さんとしては、「自宅に近いから。」「タイミング良く募集していたから。」「条件が良さそうだから。」など、色々な事情があるでしょう。

でも、自分が得られるメリットばかりをバカ正直に伝えたところで、熱意は全く伝わりません。

面接官が皆さんを採用するメリットを感じてくれません。と言う訳で、「なぜその施設が良いのだろう?」と思ったら、まずは施設について情報収集しておきましょう。

施設のホームページをチェックするのも良いですし、介護専門の求人サイトならコンサルタントが情報を提供してくれるはずです。

その施設ならではの魅力を伝えると、面接官は褒められている気分になりますし、「うちに凄く関心を持ってくれているのだな。」と評価してくれるはずです。

機能訓練指導員の志望動機例文を参考にしてみよう


機能訓練指導員の志望動機を考えるにしても、例文があった方がイメージがわきやすいでしょう。

次の例文を参考にして、自分らしい志望動機を考えてみましょう。

「私は今までこんな経験(仕事や日常的な介護経験など)をしてきました。
その中でこんなきっかけがあり、機能訓練指導員の仕事に興味を持ちました。
こんな素晴らしい(施設の魅力)貴社で、私のこんな力(資格・経験・スキルなど)が、こんなふうにお役に立てればと思っております。
何卒よろしくお願い致します。」


なぜ機能訓練指導員なのか、なぜその施設なのかは、志望動機で最低限伝えておきたい大切な情報です。

さらに、自分にどういう資格・経験・スキルがあって、どんなふうに活躍していきたいのかも伝えられると尚良しです。

アピールポイントと同時に、今後の目標も伝えることができて、とても熱意の感じられる志望動機になりますよね。

最後に、志望動機の例文をご紹介しておきます!

機能訓練指導員は様々な資格要件がありますので、自分が持っている資格や経験を踏まえて考えてみてください。

「私はいままで病院で理学療法士として勤めてまいりました。

その際、高齢者の方の歩行やリハビリの支援をさせていただき、高齢者の自立についてやりがいを感じました。

今後は機能訓練指導員として高齢の方のリハビリに特化した仕事をしたいと感じています。

デイサービスは未経験ですが、病院での経験を生かして頑張りたいと思います」

 

まとめ

志望動機を作るポイント

なぜその施設で働きたいのかを考える

自分の経験、スキルを存分にアピールする

未経験でも将来的な目標と熱意をアピールする!

デイサービスで機能訓練指導員として働くためには、面接を乗り越えなければなりません。

面接の中でも特に重要な項目が志望動機で、どこまで熱意を感じられる志望動機になっているかで、合否が決まると思った方が良いでしょう。

内定に近づくためには、機能訓練指導員として働きたい理由、その施設で機能訓練指導員になりたい理由を、きちんと伝えることです。

例えば、「自宅に近いから。」と言う理由でも、もっと突き詰めて「なぜ自宅に近いところで、機能訓練指導員として働きたいのか?そのデイサービスで働きたいのか?」をよく考えてみてください。

自分が今持っている資格・経験・スキル、入職後の目標なども伝えると、面接官が皆さんを採用するメリットを最大限に感じられそうです。

-デイサービス

Copyright© デイサービスレクリエーションnavi , 2019 All Rights Reserved.