介護施設のための高齢者レクポータルサイト

デイサービスレクリエーションnavi

デイサービス

デイサービス運営者、施設長必見!人員配置基準をしっかり理解しておこう!

更新日:

高齢化社会が深刻化している現在では、デイサービスなどの介護施設の人材不足の問題も深刻化しています。

だからこそ、これから勤務を考えている方は、施設のスタッフ不足を不安に思っているかも知れませんね。

いや、実際に介護スタッフとして勤務していて、あまりの忙しさに「これって普通なの?もう少しスタッフがいても良いのでは?」と疑問を持っている方もいるかも知れませんね。

ポイント

実は、デイサービスのスタッフ人員には基準があって、基準に反した運営をすると、指定を取り消されてしまうことがあります。

施設が運営されていると言うことは基準をクリアしているのでしょうが、念のためデイサービスのスタッフ人員配置基準をチェックしてみましょう。

 

デイサービスの人員配置基準

管理者(常勤)と生活相談員は最低1名以上
デイサービスのスタッフ人員配置基準をクリアするためには、まず管理者(常勤)が1名以上、生活相談員が1名以上いなければなりません。

ちなみに、管理者はこれと言った資格は必要ないのですが、勤務時間の間はずっとデイサービス以外の業務を行うことはできません。

ただ、デイサービスの生活指導員など、他の職種と兼務できる場合もあります。

れから、生活相談員は社会福祉主事の任用資格のある人、あるいは社会福祉主事の任用資格のある人と同等以上の能力のある人しかなれません。

生活相談員に関しては常勤である必要はないのですが、サービスを提供する時間に合わせて最低1名以上は配置する必要があります。例えば、サービスを提供する時間が7時間だとしたら、生活相談員の勤務延時間数(送迎の時間は含むが、休憩時間は含まない)が7時間以上あれば基準をクリアできます。

看護職員と機能訓練指導員は最低1名以上
デイサービスでは看護職員や機能訓練指導員に関しても、スタッフ人員配置基準が設けられています。

看護職員は、看護師か准看護師の資格を持っているスタッフです。

機能訓練指導員は、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・看護師・准看護師のいずれかの資格を持っているスタッフです。

利用者が10人を超える規模の大きいデイサービスでは、最低1名以上の看護職員が必要です。

それで、看護職員は提供時間帯を通して、勤務する必要があります。ただ、同じ敷地内に同じ法人の別施設があって、連携が可能な状態にある場合には、看護業務に支障が出ない範囲で他の業務を行うこともできます。また、利用者が10名以下の規模の小さいデイサービスの場合には、看護職員の代わりに介護職員を配置するのでも問題ありません。

それから、機能訓練指導員は施設の規模に関係なく、必ず施設に1人は配置しなければなりません。

デイサービス自体がそもそも利用者さんの自立のサポートを目的とした場なので、利用者さんの状況に合わせて必要な機能訓練を担当します。

 

介護職員は提供時間数・利用者さんの数に応じて配置


デイサービスで勤務するスタッフの中で、もっとも多いスタッフと言えば介護職員でしょう。

介護職員が多いほど、施設で勤務している介護職員の負担が減るだけでなく、利用者さんにとっても安心できるサービスが期待できます。

それで、介護職員のスタッフ人員配置基準をクリアするためには、次の要件をクリアする必要があります。

まず、利用者さんが15人までの施設では、介護職員を1名以上配置する必要があります。

そして、利用者さんが15名を超える施設では、「15人を超えた数を5で割って1を加えた数」以上の介護職員を配置する必要があります。

例えば、利用者さんが20人の場合には、5÷5+1=2人以上の介護職員を配置することになります。

また、提供時間数に応じて介護職員を配置する場合、サービスの平均提供時間数(全ての利用者さんがサービスを利用する時間を足して、合計を利用者数で割った数)を考慮します。利用者さんが15人までなら、介護職員の勤務延時間数を平均提供時間数で割った数だけ、介護職員を配置すればよいことになります。

利用者さんが15人を超えるなら、「{(利用者数-15)÷5+1}×(サービスの平均提供時間数)=確保したい勤務延時間数」になるように介護職員を配置します。

 

実地指導や監査に気を付けよう

デイサービスの人員配置基準は運営をするうえで必ず守りましょう。

デイサービスには行政による実地指導や監査が入ることがあります。

行政の実地指導監督が介デイサービスに訪問しh、介護保険法に順じた運営ができているか調査をされます。

その際、人員配置の不正などがあれば監査に入られる場合もありますので、十分に気を付けてください。

 

まとめ

デイサービスのスタッフ人員配置基準は、多少複雑に感じるかも知れません。

こんな時にはまずは施設の規模で、必要なスタッフ人員をシンプルに考えてみると良いでしょう。

利用者さんが10人以下の規模の小さい施設で必要な人員は、管理者(常勤)1名以上・生活相談員1名以上・看護職員または介護職員1名以上・機能訓練指導員1名以上です。

そして、利用者さんが10名以上の規模の大きい施設で必要な人員は、管理者(常勤)1名以上・生活相談員1名以上・看護職員1名以上・介護職員1名以上・機能訓練指導員1名以上です。

さらに、介護職員は提供時間数・利用者さんの数に応じて増やす必要があります。

これに関してもシンプルに、利用者さんが15人までなら1名以上、16~20人までなら2名以上、21~25人までなら3名以上で、16人以上の利用者さんの場合は利用者さんが5名増えるごとに、介護職員も1名増えると考えれば良いでしょう。

-デイサービス

Copyright© デイサービスレクリエーションnavi , 2019 All Rights Reserved.