介護施設のための高齢者レクポータルサイト

デイサービスレクリエーションnavi

デイサービス

【未経験者必見】デイサービスの入浴介助の方法と気を付ける注意点

更新日:

デイサービスでは色々な日常生活のサポートを行っているのですが、「入浴介助」もその1つです。

「入浴介助は利用者さんをただお風呂に入れるだけ。」と思いがちですが、利用者さんの多くは自分で入浴するのが困難です。足腰の弱い方だと転倒の心配もありますし、体の不調を抱えている方だと血圧の急変・意識障害などの危険性があります。

それでも、利用者さんに入浴してもらうのは、体を清潔にしておくことも健康管理の一部だからです。また、心地良く入浴することは、心身のリラックスにも繋がります。

では、デイサービスの入浴介助の方法・注意点について見ていきましょう。

 

入浴する前の準備・脱衣の方法と注意点

入浴介助の準備
デイサービスで入浴介助を行う際、入浴だけではなく入浴する前の準備・脱衣にも注意が必要です。

入浴前でチェックする事

まずは、体温・血圧・脈拍などのバイタルチェック(場合によっては血中酸素濃度の測定も有り)を行い、体の状態や表情から入浴して良いかの判断をします。

血圧は時間とともに安定することもあるのですが、中にはなかなか安定しない場合も。

あまりに高い血圧が続く場合は、主治医・看護師に確認を取りましょう。

それから、脱毛所は予め温めておき、お風呂のお湯・他の部屋との温度差をできるだけ少なくします。急激な温度変化は心臓に大きな負担をかけることがあるので、利用者さんが脱衣の時間にしっかりと体を温められる状態にしておきます。

トイレはできるだけ入浴前に済ませてもらってください。脱衣は椅子に座って体を安定させて、手すりにつかまれる状態で行います。すると、自分で衣服を脱げる利用者さんもいますし、転倒を防ぎやすくなります。

片麻痺のある方は、麻痺のない側から順に脱ぎます。衣服はマジックテープのもの、伸びの良いものを着てもらうと、だいぶ着替えの手間を削減できます。

 

入浴中の介助の方法と注意点

未経験者が注意する点

安全を第一に考える

わからないこと、不安なことは全て聞く

助けが必要な際は無理をしないで周りの協力をあおぐこと

入浴介助の手順

入浴中も脱衣の時と同じように、安定感のある椅子に座らせて手すりをつかまってもらいます。

そこで、すぐさま利用者さんにお湯をかけようとしては駄目です。

まずは、一声「まずは足元から順番にお湯をかけていきましょうね。」と言って、お湯をかけてあげましょう。

次に、洗いなのですが、自分でできる部分はできるだけ自分でやってもらいましょう。

そして、痛みや麻痺のある部分、自分で洗いにくい部分に関しては、介助してあげてください。

浴槽に入る時は浴槽に入る瞬間だけではなく、椅子から立ち上がる部分から注意を払う必要があります。

浴槽をまたぐ際は、手すりにつかまってもらいましょう。片麻痺のある方は、麻痺のない側から順に入るとリスクが少ないです。浴槽をまたがるのが難しい場合には、入浴専用ベルトで体を支えた状態で入ってもらうこともあります。

心臓への負担を考慮して、湯船に浸かる時間は5分ほどにします。浴槽から出る時も、立ち上がりながら手すりにつかまって浴槽をまたいでもらいましょう。

 

一人で無理をしない事

入浴介助に慣れていないときは、わからないことは何でも聞きましょう。一番大切なことは利用者様の安全です。力を使う作業でもありますので、辛いときは周りのスタッフに協力をお願いしましょう。絶対に無理をして行わないようにしてください。

入浴後の着衣の方法と注意点

入浴後の介助手順

①浴槽から出た後は掛け湯をして、バスタオルで軽く体を拭いてもらいます。

②風呂から出た後は転倒しないよう、足の裏の水分をしっかり拭き取っておきます。

③次に、残った水分をタオルで拭き取ります。それから、椅子に座って服を着てもらい、ドライヤーで髪の毛を乾かしてブラシで整えてあげます。

片麻痺がある方は服を脱ぐ時とは反対で、今度は麻痺のある側から順に服を着ます。

まずは「麻痺のある側の袖を通す⇒頭を通す⇒麻痺のない側の袖を通す」と言う手順で、服を着せます。入浴後は体が水分不足になりやすいので、水分補給をしながらゆったり過ごすことも大切です。

最後に、入浴前と同じようにバイタルチェックをして、入浴後も利用者さんの体調に変化がないかを確認して終了です。

 

原則、スタッフ2人以上で行う

入浴介助はデイサービス業務の中でも一番スタッフの負担となる仕事かもしれません。車いすや麻痺のある利用者様を介助するときは、転倒やケガに注意して2人以上で行うことが原則としてください。

周りのスタッフと協力をしながら声を掛け合い行うと良いでしょう。

まとめ

デイサービスの入浴介助の方法は、大抵は施設ごとにマニュアルがあります。

基本的にはその方法に従って行うのですが、利用者さんの体を預かっているからには、入浴する前の準備から入浴後の着衣・健康管理まで注意が必要です。

入浴は利用者さんのリハビリのためにも、利用者さんでできる部分は利用者さんで頑張ってもらうのが理想的。

ただ、入浴には転倒・体調の変化などのリスクも伴います。

「この利用者さんなら大丈夫!」などと安心は禁物です。

大丈夫そうな利用者さんでも、突然体調が悪くなることも。必要に応じて声掛けをしながら、1つ1つの過程をしっかり見守ってあげましょう。

-デイサービス

Copyright© デイサービスレクリエーションnavi , 2019 All Rights Reserved.