介護施設のための高齢者レクポータルサイト

デイサービスレクリエーションnavi

デイサービス

【未経験者必見】デイサービスで使うアセスメントシートとは!?

更新日:

デイサービスで勤務していて、「アセスメントシート」と言う言葉を聞いたことはありませんか。

実物の用紙を見たことのある方なら、何となく「利用者の個人情報・家族の情報・今現在の日常生活に関する情報・目標などを書くものだ。」と分かるでしょう。

利用者さんやご家族の方にアセスメントシートを記入してもらい、そのの情報を基に利用者の自立に必要なサポートをしていくことになります。

ここで、「そもそも、アセスメントシートのアセスメントって何?」と言う方もいるかも知れませんね。

また、「どういうアセスメントシートを用意したら良いのだろう?」なんて言う、スタッフさんもきっと多いでしょう。

では、今回はデイサービスのアセスメントシートについて、詳しく見ていきましょう。

この記事のポイント

アセスメントシートとは何かを理解しよう!

デイサービスでのアセスメントシートの目的とは?

アセスメントシートは利用者さんの情報収集

客観的な評価
デイサービスで用意するアセスメントシートの「アセスメント」とは、何かを客観的に評価・審査することを言います。

デイサービスは利用者さんの自立をサポートする場で、利用者さんに必要なサポートを行うためには、評価・審査するための情報収集からスタートする必要があります。

「今現在の利用者さんの日常生活が、一体どのようなものなのか?」

「日常生活を送る上で、利用者さんが困っていることは何か?」

「利用者さんが求めている生活は、一体どのようなものか?」

このような情報をまとめたものが、アセスメントシートです。

デイサービスの流れは、大まかに「契約手続き⇒アセスメント⇒ケアプランの作成⇒自立のサポート⇒サービスの見直し」になります。利用者さんにサービスを提供する前に、「ケアプラン(適切なサービスを提供するための計画)」を立てます。その際に、アセスメントシートに書かれた情報を分析しながら役立てます。

 

今現在の健康状態・動作・食事・排泄に関する情報は必須

アセスメントシートの項目とは

デイサービスのアセスメントシートを用意する際に、どういう項目があったら良いのか悩みませんか。

こんな方は実際に利用者さんをサポートするのをイメージして、必要な情報を考えてみてください。

まず、基本情報として、利用者さんの氏名・性別・生年月日・住所・家族構成・緊急連絡先・主治医などの情報は必要ですよね。

それから、今現在の利用者さんの状態を知るために、次のような情報も必要です。

介護者の健康状態、要介護度

主な介護者(続柄や勤務先、同居しているかなど)・1日の過ごし方・健康状態(病気の有無・既往歴・今現在の症状・薬の服用など)などです。

動作に関しては、寝返り・起き上がりから立つ・座る・歩くなどの基本動作、着替え・身だしなみ・入浴などの日常動作で、器具や介助を必要とする部分がないかを書いてもらいます。

基本動作・日常動作が問題なくこなせる場合には、調理・買い物・洗濯・掃除などの家事ができるか、金銭・薬の管理ができるか、交通機関・電話が使えるかなどを書いてもらいます。

食事に関しては、治療食・経管栄養の必要があるか、飲み込みは上手にできるか、介助が必要か、義歯があるか、口腔に問題はないかなどを書いてもらいます。

排泄に関しては、介助が必要か、尿や便の失禁の頻度はどうか、用具が必要かなどを書いてもらいます。

 

障害の有無・認知度・これからの目標などの情報も必要

デイサービスのアセスメントシートに、障害の有無・認知度も忘れずに記入してもらいましょう。

障害の有無に関しては、視力・聴力・言葉などに障害はないか、眼鏡・補聴器などは使用していないかなどを書いてもらいます。認知度に関しては、物忘れはないか、日常生活に支障はないか、問題行動はないかなどを書いてもらいます。

また、ケアプランを立てるために、利用者さんがどんな生活を望んでいるか、ご家族がどんな生活を望んでいるかなど、これからの目標も書いてもらうと良いでしょう。

アセスメントシートでは今現在の日常生活のことばかりを中心に、情報収集したくなるかも知れませんが、障害の有無・認知度などもとても大切な情報です。利用者さんに合った適切な接し方をするためにも、きちんと情報収集しておきましょう。

 

まとめ

アセスメントシートとは

デイサービスのアセスメントシートは、利用者さんの自立をサポートする上で役立つ情報を収集するためのものです。

今現在の健康状態・動作・食事・排泄・障害の有無・認知度・これからの目標など、記入する項目はたくさんあります。

シートと言う目に見える形で保管することで、ケアプラン・サポート内容なども目に見える形ではっきりさせることができます。

 

情報を収集する介護スタッフとしても、情報を記入する利用者としても時間のかかるシートです。

利用者さんの中には、日常生活の不安を抱えている方、色々な部分で介助が必要な方も多くいます。

このような利用者さんにも適切な対応ができるよう、時間をかけてでも丁寧に情報収集を行いましょう。

-デイサービス

Copyright© デイサービスレクリエーションnavi , 2019 All Rights Reserved.