介護施設のための高齢者レクポータルサイト

デイサービスレクリエーションnavi

デイサービス

デイサービスで働く看護師の役割と志望動機とは!【面接対策】

投稿日:

デイサービスで勤務する人と言えば、介護スタッフばかりが思い浮かぶかも知れません。

実は、介護スタッフの他に看護師もいるのです。デイサービスでは、最低1人の看護師を配置する義務になっています。

 

「看護師の職場は病院だけ!」と思う方は多いですが、デイサービスなどの介護施設が増えている最近では、介護施設で勤務している看護師も増えています。

 

もちろん、デイサービスの看護師の仕事・役割は、病院での仕事・役割とは異なります。

では、デイサービスの看護師の仕事・役割について見ていきましょう。

 

利用者さんの健康管理が主な仕事・役割


「看護師の仕事は、病気の治療。」と思っている方が多いでしょうが、これはあくまでも病院の看護師の役割です。

病院は「病気を治療する場所」でも、デイサービスは「利用者さんの自立をサポートする場所」です。

 

つまり、デイサービスの看護師の仕事・役割は、「利用者さんが自立できるよう、健康管理をしながらサポートすること」なのです。

 

体温・血圧・脈拍などのバイタルチェックを行ったり、身長・体重などから栄養状態を把握したり。

利用者さんの健康管理を行うことで、利用者さんの体調に合わせて食事・入浴などの日常の活動をサポートします。

 

食べ物が上手に飲み込めない利用者さんだと、食事での食べ物の大きさ・硬さなどに注意する必要があります。

何らかの不調を抱えている利用者さんだと、入浴しても良いかどうかをその日の体調から判断する必要があります。

デイサービスの看護師は介護スタッフだけではなく、利用者さん本人・家族の方にも体調に合った適切なアドバイスを行います。

 

医療行為には医師の指示が必要

デイサービスの看護師は病院の看護師とは違って、行うことのできる医療行為に限りがあります。

痰の吸引をしたり、入浴後に薬を塗り直したり、貼り直したり、軽い怪我の手当をしたり。

 

口から栄養を摂取できない利用者さんには、消化管にチューブを通して栄養を供給することも。

このような簡単な医療行為であれば、行うことが認められています。

 

でも、基本的には医師の指示がなければ、医療行為を行うことができません。

とは言っても、デイサービスの場合は、いつでもその場に医師がいると言う訳ではありません。

なので、医療行為が必要だと思われる場合には、ケアマネージャーに担当医師と連絡を取ってもらい、今後の対応について相談してもらうことになります。

 

施設によっても仕事・役割が異なる

デイサービスには利用者さんの人数・介護度・症状などによって、小規模型・通常規模型・リハビリ型・療養型・認知症対応型などの施設があります。

デイサービスの看護師の仕事・役割は、施設の種類によっても多少異なります。

 

まず、小規模型のデイサービスは、介護度が低めの利用者さんが10人以下の施設で、看護師は常勤でなくてもOKです。

通常規模型は利用者さんが数十人ほどいる施設で、中には認知症だったり、介護度が高めだったりする利用者さんもいます。

だからこそ、万一に備えて看護師が1人は常勤しています。

 

それから、リハビリ型は担当医師の指示に従って、利用者さんにリハビリテーションを行わせる施設です。

療養型は利用者さんが9名以下になっており、主に症状が重く介護度が高めの利用者さんを受け入れている施設です。

食事・排泄・入浴などの日常生活面のサポートも行います。認知症対応型は急性期ではない認知症の利用者さんを受け入れており、日常生活から機能訓練までサポートします。

 

看護師は施設の目的に合わせて利用者さんの健康管理を行い、施設によっては看護師に豊富な知識・経験が求められるところもあります。

デイサービスの看護師の仕事・役割は、あくまでも「利用者さんの自立をサポートすること」です。

利用者さんの健康管理を的確に行いながら、利用者さんの自立生活をサポートします。

 

基本的には簡単な医療行為のみで、重要な医療行為に関しては医師の指示を必要とします。

また、デイサービスの看護師の仕事・役割は、小規模・通常規模型・リハビリ型・療養型・認知症対応型などの施設の形態によっても変わってきます。

施設の目的に合わせて利用者さんの健康管理を行うのですが、利用者さんの症状・介護度によっては、豊富な知識・経験が十分に活かせることもあります。

 

面接対策!デイサービス看護師の志望動機と質問例文

 

デイサービスのスタッフの中でも、看護師として勤務したい方はいませんか。

デイサービスは「デイ」とあるように、昼間に提供するサービスです。

なので、デイサービスで勤務している看護師も、基本的には日勤のみです。

病院とは違って緊急時の出勤・残業なども少なく、家庭のある方もブランクのある方を中心に人気のある職場です。

 

ただ、面接の志望動機で「働きやすそうな職場だから!」なんて、正直に言うのは駄目です。

面接はあくまでも自己アピールの場なので、志望動機でいかに熱意を伝えるかがポイントです。

では、デイサービス看護師の志望動機の書き方・例文などを見ていきましょう。

 

なぜその施設で看護師として働きたいのか?

面接で絶対と言うほど、聞かれる可能性が高いのが志望動機。

志望動機は文字通り「その職場・職種を志望する理由」のことです。

デイサービスの看護師を採用する際に、面接官が応募者に聞きたいこととして、次のようなことが挙げられます。

 

「なぜたくさんあるデイサービスの中で、この施設を選んだのか。」

「看護師の職場は病院・診療所もあるのに、なぜデイサービスの看護師になりたいのか。」

「デイサービスの仕事には看護師以外の仕事もあるのに、なぜ看護師としてデイサービスで勤務したいのか。」

 

これらのことを志望動機にまとめておくと、「この施設の看護師として、どんなふうに活躍していきたいのか」が面接官に伝わります。

まずは施設の魅力・デイサービスの看護師の役割を、しっかり調べて書き出してみましょう。

そうすれば、その施設の看護師として働きたい理由としてまとまりやすくなります。

 

どんな経験があるか、今後どんな活躍をしていきたいか?

面接の志望動機では、自分の魅力を面接官に伝えることも大切です。

ここで、「志望動機で自分の魅力を伝えるなんて、質問の趣旨に合っていないのでは?」と思う方もいるかも知れません。

でも、面接は自分を売り込む場なので、自分の魅力を志望動機として伝えることで、質問の趣旨に合わせることができます。

 

「看護師として、どんな経験がどれだけしてきたか。」

「経験で身に付けた能力が、どんなふうにデイサービスの仕事で活かせるか。」

をじっくり考えてみましょう。

 

経験と言っても特別な経験である必要はありませんし、経験した内容そのもの・武勇伝のようなものはそれほど重要ではありません。

「どんな心掛けでどんな経験をしてきたか。」、「経験からどんな知識・能力を身に付けたか。」

などをまとめておきましょう。

さらに、「自分の持っている能力で、今後どんなふうに活躍していきたいか。」も、面接官が応募者の熱意を判断する上で重要なアピールポイントになります。

 

デイサービス看護師の志望動機例文を参考にしよう

デイサービスの看護師の志望動機では、

「その施設を選んだ理由」

「自分の強み」

「新しい職場での目標」

などを書くと、熱意の伝わりやすい答えになります。

具体的な書き方としては、次の例文を参考にしてみてください。

「(病院や施設の名前・形態・科目など)で、〇年間看護師として(役割・役職など)を経験してきました。

(業務内容を2~3つ)などの業務をした中で身に付けた、(能力・知識を2つほど)は私の強みです。
(施設の良さ)と言う魅力のある貴社で、(新しい職場での目標)活躍をしていきたいと思い、貴社での勤務を志望しております。
どうぞよろしくお願い致します。」

 

志望動機の答えを考えたら、マイナス表現や分かりにくい表現などはないか、時間のある限り見直しましょう。
デイサービスの看護師に限らず、面接の志望動機では「なぜその施設で看護師として働きたいのか?」は大切なアピールです。

この質問に答えるだけでも、応募者がどれだけ施設について下調べをしたのか、どれだけデイサービス看護師の業務内容を把握しているかなどが分かります。

 

それから、志望動機はシンプルに勤務したい理由だけを答えるのではなく、自分の経験・能力・知識などの強みや今後の目標なども伝え、熱意もしっかりアピールしてください。

くれぐれもマイナス表現や分かりにくい表現を使わないよう、注意しましょう。

-デイサービス

Copyright© デイサービスレクリエーションnavi , 2019 All Rights Reserved.