介護施設のための高齢者レクポータルサイト

デイサービスレクリエーションnavi

デイサービス レクリエーション

紙コップを使った簡単デイサービスのレクリエーション特集!

投稿日:

毎日のレクを考えるのは大変な作業です。

ひとつひとつ手間と材料をかけていたら身が持ちません。職員は日々の仕事だけでも大変です。

レクリエーションは手間をかければいいものだというものではありません。

アイデア次第で簡単な準備でも利用者に満足してもらえるレクリエーションになることもあるのです。

職員が「やらなければ。」と言う気持ちで取り組んでいると、利用者にも伝わってしまいます。

今回は身近にある紙コップを利用しレクリエーションを紹介したいと思います。

100円均一のお店でもたくさん購入できるので、たくさん活用できますね。

 

紙コップタワー

これは紙コップをより高く積むゲームです。

単純ですが、高く積めば積むほど盛り上がります。

紙コップは軽く、積み木だと倒れた時に危ないですが、倒れてもけがをしないのでこのレクリエーションには最適です!

お店には様々なデザインが売られているので、色やデザインで分けて競ってもいいですよね。

協力してより高いタワーに挑戦するのも楽しそうです。

タワーの応用編でピラミッドにしたら更に高く積み上げられそうですね。

 

紙コップ神経衰弱

紙コップの底に2個ずつ同じ絵を描いておきます。

それを複数組用意します。始める際にはそこの絵が見えないように立てて置いておきます。

あとは神経衰弱の要領でめくっていきます。

カードをめくるのが難しい人でも紙コップだと持ちやすいので多くの人が楽しめます。

このゲームの時には無地か、同じ模様の紙コップを用意してくださいね。

紙コップの数で難易度を簡単に調節できるので、利用者ひとりひとりに合わせて使うことができる万能ゲームです。

 

紙コップ玉入れ

このゲームで必要なものは新聞を丸めた球です。

事前に複数作っておきましょう。大きさは紙コップに入る大きさです。

テーブルにおけるだけの紙コップを口を上にしておきます。

10個のボールを投げて紙コップにボールが入った数を競います。

紙コップに数字を書いてポイント制にしてもいいですね。

二人同時に投げ入れて競う方法もあります。

その際は時間を決めて、スタートと同時に投げるようにします。

ひとつのコップにふたつ入った場合には下に入っているボールでカウントします。

チームごとにボールを色分けや模様を変えるなどして、どちらのボールなのか区別できるようにしておきましょう。

紙コップボーリング

ここで使用するのは紙コップと、ビー玉などです。
紙コップふたつ口部分を合わせて貼り合わせます。

これがピンになります。
ボールもこの方法で中に重りとなるビー玉等を入れます。

これで完成です。ボールは丸ではないのでまっすぐ転がりません。

そこがこのボーリングの面白いところです。

日頃ボーリングが上手な人もこれだと思い通りにいかないのでおもしろいですよ!

思い通りにいかないボールに大爆笑で盛り上がることでしょう。

ピンやボールに絵を書いたり数字を書いてポイント制にすると更に盛り上がります。

 

紙コップは値段が安く、軽くて安全、そして、片付けの際にはコンパクトにまとまるので、レクリエーションで活用する素材としてはとても優れています。

紙なので切ったり貼ったりも容易にできます。

今は様々な模様やイラストが描かれているものも販売されていますので、ゲームに合わせて購入してください。

今回ご紹介した紙コップのゲームは紙コップをそのまま使うか、貼り合わせる程度の準備で出来てしまいます。

また、紙コップタワーで使った紙コップを紙コップボーリングで再利用することもできるのでまさにレクリエーションにはなくてはならない素材ですよね。

困ったときの紙コップになりそうです。

まだまだ考えればアイデア次第で使い道が豊富に広がる紙コップ。

ぜひレクリエーションに活用してみてくださいね。

-デイサービス, レクリエーション

Copyright© デイサービスレクリエーションnavi , 2019 All Rights Reserved.