介護施設のための高齢者レクポータルサイト

デイサービスレクリエーションnavi

デイサービス レクリエーション

節分レク!2月におススメの高齢者デイサービスでの行事イベント

投稿日:

デイサービスでは毎日のようにレクリエーションがおこなわれます。

季節に合ったものを取り入れることで、日本特有の季節を感じることができ、なかなか季節を感じることができない利用者様にとっても嬉しいレクリエーションになりますよ。

今回は2月におすすめしたいレクリエーションをご紹介したいと思います。

2月と言えば皆さん何を思い浮かべるでしょうか。

まずは節分でしょうか。

豆まきをして、鬼を追い払うこの行事は利用者にも馴染みの行事のひとつですよね。

それでは節分のレクリエーションをいくつかご紹介したいと思います。

節分レクリエーション

張り子のお面づくり

節分の楽しみ方と言えば豆まきがありますが、豆まきは節分当日のお楽しみになります。

節分を1日だけで終わりにするのではなく、鬼のお面を自分で作って見るのはいかがでしょうか。

張り子のお面は1日で出来るものではありません。

コツコツ積み重ねてできると達成感を味わうことができます。

完成したお面は個性豊かで、民芸品のような仕上がりに満足顔が浮かびますね。

せっかくの作品です。

壁面飾りにしてもいいですよね。

作り方は発泡トレーなどを土台にして、和紙を貼っていきます。

水やのりの感触で、新鮮な感覚刺激を得ることもできます。

指先を使うことで機能維持にも繋がります。

乾燥、貼るを繰り返し、土台が完成したら、色を塗ります。

単純な作業ですが、ひとつひとつ違い、最後までどのような作品になるかわからないのでそこが楽しいですよね。

 

豆まき

豆まきでは小さな豆は食べると危険だったりつかみにくいという点から使わずに、

代わりに新聞を丸めたものなどをりようするといいですね。

この豆まきの玉づくりをレクリエーションに取り入れるのもひとつの方法です。

手伝ってもらい、「助かります。」「お上手ですね。」などの声掛けをすることで、自尊心が高まることにもつながります。

鬼役の職員が各部屋を回り、豆まき大会は楽しい行事になりますね。

利用者の状況を把握し、その人に合った対応で、それぞれの豆まきを楽しめるように工夫することが重要です。

 

節分のゲーム

新聞を利用者に協力してもらい、たくさん作ることができたら、それを利用してゲームをしてみましょう。
鬼の絵を書いた的を用意して、新聞の玉を投げて倒すゲームです。

的をペットボトルにして、ボーリングのようにしても楽しいですね。

 

このように、節分というイベントを利用して様々なレクに展開できますよ!

 

バレンタインデー


2月と言えば思いつくのが節分の他にバレンタインデーです。

若い人の物と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

利用者にも楽しめるバレンタインデーレクリエーションもありますよ。

 

バレンタインゲーム

先ほど節分でご紹介したゲームの鬼の絵をハートにして、ペットボトルを茶色に塗るだけでバレンタインゲームに早変わりです。ピンが変わるだけで全然違うゲームに思えてしまうのが不思議です。

 

ハートのひとことカード

ハートのカードを利用者全員にひとことメッセージを付けて渡すのもいいですね。

手書きの手紙はいくつになっても嬉しいものです。

ハート型で、特別な感じも出てきますからね。

「いつも来てくださって嬉しいです。」「寒いのでお体気を付けてくださいね。」などのひとことでもきっと喜んでくれますよ。

 

チョコレートじゃんけん

いつものじゃんけんですが、バレンタインと言うことで、勝ち進んだ人にはチョコレートが景品になっています。

一人だけがもらってしまうのも良くないので、最後には勝った人よりは小さいチョコレートを皆さんに差し上げることもお忘れなく。

 

外はまだまだ寒い季節ですが、寒さを吹き飛ばすような楽しい笑い声が聞こえてきそうな盛り上がる行事が盛りだくさんな2月。

レクリエーションや季節の歌で四季を感じられるように工夫していきたいですね。

-デイサービス, レクリエーション

Copyright© デイサービスレクリエーションnavi , 2019 All Rights Reserved.