介護施設のための高齢者レクポータルサイト

デイサービスレクリエーションnavi

レクリエーション

利用者様に人気!デイサービスでウケる簡単なゲーム3選!!

投稿日:

レクリエーションの企画は、デイサービスの介護スタッフならではのお仕事です。

お年寄りのリハビリ効果を考えながらレクを企画するのは、やりがいがあって楽しいですよね。

でも、ネタが尽きてしまったり、レクを考えるのに苦手意識を持っている方もいます。

そこで、デイサービスで人気のレクを3つ、ご紹介します。

 

◆運動系レク お手玉玉入れ

お手玉を使った玉入れは運動系レクの中で人気があります。

お手玉が人気な理由は2つ。まずは、お手玉が安く手に入りやすいこと。

レクの予算が少ない時に重宝されています。次は、お手玉がお年寄りになじみのあるアイテムであること。

昔を懐かしんで遊んだり、話したりできるところが人気なようです。

 

お手玉を使った玉入れのやり方をご紹介します。

運動会の玉入れは頭の上にある網に玉を入れますよね。

でも、デイサービスでやるお手玉玉入れは、机の上や床の上など目線を下げて下に向かって投げます。

その方が狙いをつけやすく、お年寄りにも取り組みやすいです。

簡単なやり方は、調理道具のざるや、バスケットに投げ入れる方式です。

準備にほとんど時間が必要ないので、簡単にちょっとしたレクをやりたい時におすすめです。

軽いざるやバスケットは、お手玉をあてるとひっくり返ってしまうことがありますから、ひもで椅子に固定するなどの工夫は必要です。大きさの違うお菓子の空き箱を何個か用意して、専用の玉入れの的を作ってもいいですね。

それぞれの箱に点数を描けば、イベントのゲームなどにも十分使えます。

 

◆脳トレ系レク 連想ゲーム

脳トレ系のレクの中で人気があるのは、連想ゲームです。

漢字ドリルや塗り絵などのひとりで机に向かって行う脳トレとは違って、連想ゲームはみんなで楽しめるレクリエーションです。昔のことを思い出す「回想法」の効果も期待できるので、たくさんのデイサービスで選ばれています。

 

準備するものは、

①連想ゲームの正解発表する時に使う写真

②ホワイトボードです。やり方は、ホワイトボードの前に利用者様に座ってもらい、ヒントを出していくだけ。

準備とルールが簡単で人気のレクリエーションです。

レクの進める時のポイントは、お年寄りの考えるスピードに合わせて司会をすること。

正解の人やモノについて、難しいヒントから徐々に簡単なヒントにしていきましょう。

考える時間を自然に作るために、司会はゆっくり話し、次のヒントを出すまでの間は10秒くらい待つようにしましょう。

連想ゲームは、スタッフの司会力が試されるレクリエーションといえそうです。

リスクのある作業や必要なスタッフ数が少ないので、レクの進行を練習するスタッフの研修用レクとしても使えます。

 

◆コミュニケーション系レク いいところ見つけゲーム

デイサービスには、初期の認知症の方も通われています。

コミュニケーションが苦手になり始める人が多いので、コミュニケーションをとるゲームをするのが認知症がすすむのを防止するために効果的です。

コミュニケーション系のレクは、脳トレや運動系のゲームに比べてあまり種類が多くありません。

 

その中でもおすすめしたいのは、いいところ見つけゲームです。

ご利用者様一人ひとりの「良いところ」を、他の人に言ってもらうゲームです。

やり方は、4~6人のグループを作って、一人ずつ順番にいいところを見つけていきます。

いいところは、「いつも笑っている」、「元気に歩ける」、「いっぱい食べる」など、どんなことでもOKです。

ちょっとしたお茶の時間にも取り組める、簡単なレクです。

 

実際にやってみる時のポイントは、スタッフが間に入って、一緒に良いところを考えること、です。

スタッフが「○○さんは、どんなところが良いところだと思う?」、「○○さん、今日もおしぼりを配ってくれたよね」など言葉をかけながら、お年寄りが良いところを見つけるのをアシストしましょう。

以上、デイサービスで人気のゲームを3つご紹介しました。

どれも準備が簡単で、すぐに実践できるレクばかりです。

 

まだ試したことがないレクがあった皆さんは、ぜひやってみてください。

-レクリエーション

Copyright© デイサービスレクリエーションnavi , 2019 All Rights Reserved.